初心者必見!意外と難しい失敗しないバイクスーツ選び方

バイク初心者にとって、適切なバイクスーツを選ぶことは安全と快適性を確保する上で欠かせません。

そんなバイクスーツを色々な選択肢の中から、自分に合ったスーツを見つけるためのポイントを初心者でも分かりやすく解説していきます。

自分に合ったバイクスーツを選んで、安心のバイクライフを楽しんでください。

目次

バイクスーツの種類と特徴

バイクに乗る際に適切なスーツを選ぶことは、安全性と快適性を確保する上で非常に重要です。主に、バイクスーツは「レザー」と「テキスタイル」の2種類に分けられます。それぞれの種類には独自の特徴と利点があります。

レザースーツ

レザースーツは、耐久性と保護性に優れています。落車時の摩擦に強く、肌を路面から守るのに効果的です。また、時間とともに身体に馴染んでいくため、長期間使用すると非常にフィット感が良くなります。しかし、重いことや通気性が低い点が欠点です。暑い天候では快適さを損なう可能性があります。

テキスタイルスーツ

テキスタイルスーツは、軽量で通気性が優れており、多様な気候条件に適しています。防水性能を持つものも多く、雨天時に便利です。ただし、レザースーツに比べると耐久性や保護性は若干劣ることがあります。日常的な使用や、暑い気候でのライディングに適しています。

どちらを選ぶべきか

スーツを選ぶ際は、使用する環境や目的を考慮してください。頻繁に長距離を走る場合や、競技用途などではレザースーツの保護性が有利です。一方、通勤や日常的な使用、暑い気候でのライディングではテキスタイルスーツの快適さが魅力的です。最終的には、個人の好みと使用条件に合わせて選ぶことが重要です。

バイクスーツサイズの正しい選び方

バイクスーツを選ぶ際に最も重要なのは、正しいサイズを選ぶことです。適切なフィット感は、快適さと保護性の両方を高めるために不可欠です。では、どのようにして正しいサイズを見つけるのでしょうか?

サイズ測定の基本

まず、自分の体のサイズを正確に測定することが重要です。胸囲、ウエスト、股下、腕の長さなど、バイクスーツのサイズチャートに記載されている各部位を測定しましょう。測定はリラックスした状態で行い、測定テープは体に密着させますが、きつすぎないように注意してください。

適切なフィット感を見つけるコツ

バイクスーツは体にぴったりとフィットする必要がありますが、動きを妨げるほどきつすぎてはいけません。スーツを着た際に、肩や肘、膝が自然に曲げられるか確認し、身体の動きを制限しないことを確かめます。また、立っている時と座っている時の両方で快適さを確認することが重要です。

加えて、プロテクターが適切な位置にあるかもチェックしてください。特に肘や膝のプロテクターは、正しい位置に固定されていることが重要です。

バイクスーツの素材と機能性

バイクスーツを選ぶ際、素材と機能性は非常に重要な要素です。素材はスーツの快適さ、耐久性、そして保護能力を大きく左右します。また、防水性、通気性、保護機能などの機能性も、ライディングの状況に合わせて考慮する必要があります。

バイクスーツの素材を選ぶ

バイクスーツの主な素材には、レザーとテキスタイルがあります。レザーは耐久性と保護性に優れていますが、重く、通気性が低い傾向があります。一方、テキスタイルは軽量で通気性が良く、防水加工が施されていることが多いですが、レザーに比べると耐摩耗性は劣ります。使用する環境や好みに合わせて選ぶことが大切です。

機能性に注目:防水性、通気性、保護機能

  • 防水性
    雨の多い地域でライディングする場合、防水機能があるスーツを選ぶと快適です。多くのテキスタイルスーツにはこの機能が備わっています。
  • 通気性
    特に暑い気候での使用を考える場合、通気性の高い素材を選ぶと良いでしょう。通気性が良いと、長時間のライディングでも快適に過ごせます。
  • 保護機能
    肘や膝、背中などにプロテクターが内蔵されているスーツを選ぶと、落車時のダメージを軽減できます。安全性を重視する場合は、これらの保護機能が充実しているスーツがおすすめです。

バイクスーツのメンテナンスとケアのポイント

バイクスーツは適切なケアとメンテナンスによって、その性能を長く維持することができます。バイクスーツを長持ちさせ、常に最適な状態で使用するためには、以下のポイントに注意してください。

バイクスーツのお手入れ方法

  • レザースーツ
    レザースーツは、専用のレザークリーナーで定期的に清掃し、レザーコンディショナーで柔軟性を保ちます。水濡れした場合はすぐに乾かし、直射日光や高温多湿の場所を避けて保管します。
  • テキスタイルスーツ
    テキスタイルスーツは、汚れたら柔らかいブラシや湿った布で優しく拭き取ります。洗濯機で洗える素材の場合は、製品の指示に従って洗濯します。プロテクターは取り外してから洗うことを忘れずに。

定期的なメンテナンスの重要性

バイクスーツのメンテナンスは、安全性を保つためにも重要です。特にプロテクターやファスナーなどの部分は定期的にチェックし、破損や摩耗が見られる場合は修理または交換を検討します。また、レザースーツの場合は、定期的にステッチや縫い目を確認し、解れや破損がないかをチェックします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

適切なバイクスーツは安全と快適性を高める要素になります。

種類と素材を理解し、正しいサイズを選び、定期的なメンテナンスで長持ちさせましょう。これで安心なライディングを楽しみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次