バイクの保管方法はこれ!バイクレンタルコンテナのおすすめと選び方

バイクコンテナのおすすめと選び方・特徴

バイクは心が踊る楽しい乗り物ですよね。

しかし、その楽しさを長く続けるためには、適切な保管が欠かせません。自宅でのバイク保管には、一般的に車庫やガレージが利用されます。一方で、集合住宅では駐車場や駐輪場がバイクの保管場所として考えられます。

でも、保管場所がなくバイクを購入できない人もいます。他にも、雨ざらしや盗難の心配、複数台所有などの理由から直面している人もいます。

このような場合には、バイクレンタルコンテナも一つの選択肢となります。

この記事では、バイク保管方法や、バイクレンタルコンテナの選び方、おすすめのサービスに焦点を当てています。大切なバイクを適切に保管し、長い間楽しむためのヒントを見つけましょう。

目次

バイク保管方法

バイクを大切にしているのであれば、保管には十分な注意が必要です。バイクの寿命を延ばすためには、錆止めの施工や定期的なメンテナンスが欠かせません。

しかし、これらの手入れを完璧にこなしても、屋外での保管では雨や風、紫外線、砂ぼこりなどの外部の要因が主要パーツに直接影響を与え、寿命が短くなりやすいです。

特にエンジンやマフラーなどが露出している部分は、これらの天候要因からのダメージを受けやすく、劣化が進みます。そのため、バイクの保管方法は慎重に選ばなければなりません。

屋外での保管は専用のカバーを使用しても、地面からの湿気などのリスクが残ります。

劣化を最小限に抑えるためには、屋内での保管が最も理想的な選択です。屋内での保管はこれらのリスクを避け、バイクを長く元気に保つ秘訣となります。

もし自宅にガレージがない場合、バイクレンタルコンテナの利用を検討してみてください。予算や利用目的に応じて屋外と屋内を選ぶこともできます。

バイクレンタルコンテナの選び方

以下のポイントを参考にすることで、自分のニーズに合ったバイクレンタルコンテナを選ぶことができます。

これらのポイントを考えつつ、安心してバイクを保管できる環境を手に入れましょう。

コンテナサイズと通路幅

バイクレンタルコンテナを選ぶ際に考慮すべきポイントは、バイクに余裕を持たせるサイズであることです。狭すぎると、バイクの出し入れに手間取ります。広さがあると、コンテナ内での作業も可能になります。

また、コンテナの通路幅も重要になってきます。スムーズに出し入れできる十分なスペースと通路幅が確保されているか確認しましょう。

地面との段差と専用スロープ(ラダーレール)

地面との段差が低いコンテナを選ぶことで、バイクの出し入れがスムーズに行えます。段差や傾斜が急だと、女性にとっては取り扱いが難しくなります。

また、コンテナに専用スロープが付属していると、自分でスロープを用意する手間がなくなります。安全かつ効率的な利用を考える上で重要なポイントです。

24時間出し入れ可能

自分のスケジュールに合わせてバイクを出し入れできる、柔軟な時間帯を提供しているか確認しましょう。

24時間出し入れ可能なバイクレンタルコンテナを選ぶようにしましょう。これにより、利用の利便性が向上し、いつでもバイクを利用できます。

セキュリティ対策が充実

セキュリティ対策はもっとも重要なポイントです。監視カメラと定期的な巡回、強固な鍵などは必須条件です。

バイクレンタルコンテナが適切に監視され、不正侵入や盗難からバイクを守る仕組みが整っているか確認しましょう。セキュリティがしっかりしていれば、自宅にバイクを保管するよりも安心になります。

おすすめのバイクレンタルコンテナ4つ

スクロールできます
ハローストレージスペースプラスドッとあ~るコンテナ加瀬のトランクルーム
特徴安心の業界最大手料金体系がシンプル九州エリアでシェアNO1利用開始まで最短10分
エリア全国ほぼ全国東京、千葉、埼玉、神奈川、
茨城、愛知、岐阜、福岡、山口
全国
戸数約 97,000 室約 98,000室約18,000 室約 85,000 室
初期費用当月分の使用料
翌月分までの使用料
事務手数料
鍵代
管理費
セキュリティ登録料
(屋内トランクルーム)
当月分の使用料
翌月分までの使用料
事務手数料
当月分の使用料
翌月分までの使用料
事務手数料
メンテナンス費
補償会費
管理費
当月分の使用料
翌月分までの使用料
事務手数料
月の費用場所や設備で異なります場所や設備で異なります場所や設備で異なります場所や設備で異なります
セキュリティ監視カメラ(屋内)
定期的な巡回
監視カメラ(屋内)
定期的な巡回
監視カメラ(屋内)
定期的な巡回
監視カメラ(屋内)
定期的な巡回
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

月々の利用料金に関しては、地域や場所によって変動してきます。気になるバイクレンタルコンテナがあれば、公式サイト上でご確認ください。

ハローストレージ

ハローストレージバイクコンテナ

「ハローストレージ」は、日本最大級の部屋数を誇るトランクルームで、業界最大手の地位を誇ります。シンボルにはハローキティが採用され、そのため女性からの人気も絶大です。

バイクレンタルでは利用目的から4種類のなかから選べます。

  • ハローバイクボックス(屋内)
  • ハローバイクガレージ(屋内集合駐車型)
  • ハローバイクパーキング(屋外)
  • 通常の野外コンテナ(屋内)

バイクの盗難はとても心配ですよね?

「ハローボックスタイプ」の駐車場は、安全性、機能性、利便性を兼ね備えています。二重ロックによる高い防犯性が特徴で、広いラダーレールが付いており足を付けたまま乗り入れることができます。

小物やヘルメット用の収納棚が完備され、独立したボックス構造は風雨による汚れや浸食を効果的に防止しています。安全性が確保されつつ、利便性も向上している駐車場と言えます。

「ハローバイクガレージ」「ハローバイクパーキング」などもあり、こちらは予算を抑えて利用ができます。単にバイクを置いておきたい場合に重宝します。

「通常の屋外コンテナ」でもバイクを保管することができます。ただ、ラダーレールと呼ばれるスロープが必需品となります。レンタルも可能も可能です。

スペースプラス

スペースプラスバイクコンテナ

「スペースプラス」は、ほぼ全国に展開しているトランクルームのレンタルサービスです。コンテナに特化した強みを生かして運営されています。

主に主に首都圏や近畿地方が店舗数が多いのが特徴です。

  • バイク用コンテナ(屋内)
  • コンテナトランク(屋外)

ただし、「バイク保管用のコンテナ」は現在のところ、関東・中部・近畿エリアのみ提供されており、全国展開には至っていません。残念ながら、スペースプラスはバイクレンタルコンテナに特化しているわけではないところが欠点です。

ちなみに、このバイクコンテナは販売も行っており、仕様変更により改良され、扉がシャッターに変更、錆に強くなりました。

他にも、「コンテナトランク」を利用してバイクを保存することが可能です。

ドッとあ~るコンテナ

どっとあーるコンテナ


「ドッとあーるコンテナ」は、気軽に使えて便利な屋内・屋外レンタル収納スペースを提供しています。バイクの収納も可能で、九州エリアではシェアNO1で、関東・東海エリアでも店舗を拡大中です。

バイク関連のコンテナには、関東・東海・九州エリアで展開中。

  • バイクガレージ(屋内)
  • バイクコンテナ(屋内)
  • 屋外型トランクルーム(屋内)

バイク用のコンテナが3種類用意されています。

バイク専用の「バイクガレージ」「バイクコンテナ」の違いはそんなにありません。

  • バイクガレージ:やや高額ですが、奥行きがあり、折りたたみスロープ付きで収納棚あり
  • バイクコンテナ:折りたたみスロープ付きで収納棚もレンタル可

なお、バイクコンテナが提供されていない地域の方でも、「屋外型トランクルーム」を使用してバイクの保管ができます。ただし、こちらはバイク専用ではないため、使い勝手はやや劣るかもしれません。

加瀬のレンタルボックス

加瀬のレンタルボックス

「加瀬のレンタルボックス」のトランクルームは日本最大級で、全国1,700ヶ所、85,000室以上のスペースを提供しています。バイクの収納や駐車に便利な月極のサービスも提供しています。

提供されているバイクスペースには、以下の4タイプがあります。

  • バイク専用の個別収納型(屋内)
  • 屋外ライン型(屋外)
  • 屋内共同型(屋内集合駐車型)
  • 一般コンテナ(屋内)

「バイク専用の個別収納型」は、その名の通り、バイク専用のコンテナです。これは使い勝手が最も良く、セキュリティもしっかりしています。

「屋外ライン型」は野外の駐車場なので一番安いですが、バイクの劣化やセキュリティで不安が残ります。

「屋内共同型」は入口がタッチ式タグキー認証を採用しており、セキュリティ面では一番強固です。その分、値段も4タイプの中で一番高いです。

「一般コンテナ」でバイクを保管することができますが、バイク専用ではない点を知っておいてください。

4つを比較するとハローストレージが頭一つ抜けている!?

  • ハローストレージ
  • スペースプラス
  • ドッとあ~るコンテナ
  • 加瀬のレンタルボックス

この4つのバイクレンタルコンテナを紹介してきました。利用するのであれば、今回の4つから選ぶのが満足度が高いと思います。

ただ、「スペースプラス」と「ドッとあ~るコンテナ」は、コンテンツの一環としてバイクレンタルコンテナを提供している感じです。

「ハローストレージ」と「加瀬のレンタルボックス」は、バイクレンタルコンテナに特化しており、豊富なラインナップから予算や目的に合わせて選べるのが魅力です。

その中でハローストレージが頭一つ抜けています。

特にコンテナの使い勝手が非常に優れています。

ハローストレージ加瀬のレンタルボックス
ドアシャッターで簡単左右ドアが面倒
スロープ平坦で出しやすい傾斜がある

頻繁に使用する場所だからこそ、女性の視点から見ると、バイクレンタルコンテナを選ぶ際の重要なポイントとなります。

大切なバイクを預けるなら、業界最大手であるハローストレージが安心できる選択肢と言えそうです。バイク保管方法として、信頼性や利便性を考慮して選択することが重要ですよね。

まとめ

バイクの保管は重要な課題であり、その解決策としてバイクレンタルコンテナの利用がおすすめです。

今回4つのバイクレンタルコンテナを紹介しましたが、ハローボックスが特に優れています。高い安全性、利便性の向上、風雨に強い構造など、さまざまな面で優れた特長を持っています。

ハローキティのハローボックスは、女性にとって理想的なバイクを保管する最適な駐車場と言えます。

バイクの管理に安心感を求めるなら、一度公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次